出さない手紙

なぜかわからないけど、説明ができないけれど、産前産後から始まるイライラした気持ち。つい子供の前で夫に当たり散らしてしまい自己嫌悪。自分では制御出来ない気持ち。どうして私だけが・・・という孤立感。

他のサイトでは、女性同士が陰鬱とした気分で「そうそう、あるある!」と共感していることが多いようですね。青森のコミュニティでは、ミーティングの際、自分の発言はすべて受け入れられます。また、そこで話されたことは、陰口や悪口にならないよう、すべて自分の心に持ち帰っていただくことになっています。

しかし肝心の「いちばん解って欲しい人」に、その想いは伝わっているでしょうか。最近、当ミーティングでは、パートナー(夫)に、自分の気持ちを手紙で伝えることを推奨しています。

一口に「私、産後うつみたいなんだ」と話しても、残念ながら夫はなかなか理解ができないものです。脳の仕組みも心の仕組みも違う。普段の会話で「あなた、あれをしてくれなかった!」「こんなひどいことを言った!」と夫を責めるのではなく、気持ちを綴ってみませんか。



私は、子育てをしている時、あなたにこれ手伝ってとひとこと言うことができなかった。そんなことをお願いしたら、あなたが怒ってしまうんじゃないかって、どうしてか勝手に決めてしまったの。そして、言わなくてもやってくれるものだと、あなたに甘えてた。それなのに、私はあなたに何も頼んでいないのに、「あれしてくれなかった!これしてくれなかった!と責めてしまって、ごめんなさい。


 怒り出しちゃうと溢れてきて止まらなくなるの。そしてあなたを困らせてしまう。あなたがせっかく作ってくれた食事にも嫌悪感を感じたり、お腹が空いているのに意地で食べなかったりするの。


いつの間にか、すべてをあなたのせいにしている自分に気がついて本当に嫌になるよ。だけど、それも言葉や態度で見せたくないの。だからお手紙を書いてみました。


あなたのことや家族のことを心から愛しています。それでも今の私の気持ちはなぜか、ちょっとしたゴミが気になって触れなかったり、子供のうんちを見るのさえ嫌になってしまうこともあるの。「ああ、私は母親なのに」って、自分でもがっかりしちゃう。


あなたはそういう私を見て、嫌な気持ちになっているでしょうね。あなたが子供をお風呂に入れてくれたり、オムツを換えてくれたりすることを、本当は心の底でありがとうって思ってるの。だけど、面と向かって素直に言うことが、今はできません。それをどうやって伝えようかと、ずっと悲嘆にくれていました。


お義母さん、お義父さん、本当に良くしてくれるのに、今の私は悲しい顔や怒りを悟られたくなくて、かなり無理してる。でも、あなたが悪いとか、何かして欲しいっていうではないの。私自身のことだって気がついたから。あなたは、私が義両親を嫌いでうまく行ってないと思っているでしょうね。決して嫌っているわけではないの。今は誰に対してもいい顔ができなくて。義両親の来る回数が多いから、どうしてもそう見られてしまうのはわかっています。会いたくないわけじゃないの。私が元気になるまでの間、お会いする回数を少し減らしてもらえたら、私はもう少し頑張れると思うんだ。


なぜか、頑張って!と言われると、私、猜疑心とか、「頑張ってるのに」っていう反抗心が出てきちゃう。え? もっと頑張らないとダメ?って落ち込んじゃう。


むっちゃ都合いいことを書いているかもしれないけど、あなたには、このつらい気持ちを知ってほしいの。理解してと言っても難しいと思う。「ふうん、そうなの?」って、関心を持ってくれるだけでも安心するのかも。悪気がないのにそうなっちゃうの。


家事も育児もさぼっているつもりはないんだけど、思うようにできなくて、あなたに叱られて嫌味を言われて、とてもつらい気持ちになって、でも、あなたの言うとおり、ぜんぜんできていなかったからね。「ちゃんとやりたい」って考えるほど、どこかから怒りや悲しみがわいてきてしまうの。そして「子供にも申し訳ないな」って後ろめたい気持ちなんだけど、そこから這い上がれない時に、あなたにガツンと本当のことを言われちゃって、恥ずかしいやら、腹が立つやら・・・(ごめんなさい。ぺこり)


それを、あなたが怖がったり、嫌がって友達に愚痴を言ってるのも知ってる。そういう気分になっちゃうよね。あなたの気持ちがだんだん離れて行ってるのも感じてる。つらい気持ちに、寂しい気持ちも混ざってしまって。
あなたは私にとって特別な人。家族にとっても大事な人。わかっているのに、あなたに当たったり、物を投げたりしてしまうの。そこは悪かったなって、いつも後になって反省しているのに、それをきちんとあなたに伝えたことは一度もなかった。


これからは頼みたいことは、できるだけ素直に頼みたいと思っているの。イライラしてうまく伝えられないかもしれないから、短いメモで、伝えることがあるかもしれない。それは、あなたを嫌いだからじゃなくて、私がうまく伝えられないからなのね。その時、嫌な気持ちになったらごめんねって最初にあやまっておくね。いつもありがとう。これからもよろしくお願いします。またお手紙かいていいですか?」


・・・みたいなの。ね♡

産後うつのミーティングは、毎週土曜日 午前10時からです

2018年からは家族相談の一環として相談受付を統合します。

中国に見る「冷静期通知」

中国に見る🇨🇳「冷静期通知」。実際に効果があるそうです。冷静になれない時は、たまさんに電話をください。

夫婦両方のお話を聞きながら、共通点を一緒に探りましょう。

参考記事
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13221115/

たまさん家族相談 050−3561−3310 (留守番電話)

共通の課題を見つける

誤解を恐れずに書きますと、夫婦間にいさかいのある方に多い問題なので、記事をシェアさせていただきました。

監護親の方は、これは夫のせいでこうなった!と思っていることが多く、そう思うことでプレッシャーをかわしているようです。

一方、別居親の方も、これは妻のせいでこうなった!と責める方が多いです。

どちらも間違いで、発達障害は生まれつきのものであり、育て方の問題ではありません。

ただ、夫婦が協力して子どもの良いところを伸ばしたり、障害の特徴を活かして楽しく過ごす、と言うことは可能だという研究は増えています。

なによりも障害による生きづらさは本人のみぞ知るところで、親の対応がネグレクト気味になったり、過剰になり過干渉になりやすいこともあるようです。

人の考え方、受け止め方はそれぞれで、どれが正しい対応かと言うことは断言できません。

しかし、夫婦間で情報を共有したり、父母がそれぞれ子の話に傾聴することは、子どもも安心しますし、父母の協力する姿を見せることは子どもの自己肯定感を高めてくれるはずです。

たまさんちでは、お父さん、お母さん、両方の話を聞いてお互いシェアできるテーマを探します。

夫婦の意見が合わないことは仕方がないかも知れません。無理に合わせなくても良いでしょう。けれど、たったひとつでも共通することがあったとしたら、見つける価値があるのではないでしょうか。

そして、どうぞ子どもの未来・将来に悲観しないでください。

心配事の90%は起きないものです。

参考記事
https://h-navi.jp/column/article/35026197

言ってみれば、誰かのせいにすることで自分の責任を見ないで済むと言うような生き方の悪いクセや、心配すること自体が安心になっている悪いクセがあり、それを子どもが真似し始めてしまった時のほうが、より深刻な問題に発展してしまうようです。

困難を感じたら、お電話ください。

たまさん家族相談 050−3561−3310 (留守番電話)

見た目も中身も完璧な人はいない

たまさんは普段から「心配事の9割は実際に起こらない」と信じています。

しかし、毎日多くの人々が、いろいろな不安や心配事に苛まれたままです。9割は起こらない。統計的にそうなっているので、そう信じてくださいな。

それで、今日は「自分は嫌われているのではないか」「自分の容姿が変なのではないか」という不安に着目してみたいと思います。

毎日あり得ないことを“確信”する「妄想性障害」という状態があります。病というよりも、今の社会に煽られる「不安な状態」と言えるのではないでしょうか。なので、一時的な「障害」であって、それは克服して行くことができると、たまさんは考えています。

よく「人は見た目より中身」と言われますが、見た目もそれなりに大切であることは否定できません。ただこれは、身だしなみを普通にしているということで、大概の人は嫌悪感を感じないものです。

問題となってくるのは、「見た目以上の妄想を思い込む」ことと、「自分は最悪な容姿をしている」と思い込む”醜形恐怖”という状態です。まあ、青春時代は誰しも一度くらいは経験があると思います。それは、誰と比べているのでしょうか。何と比べているのでしょうか。

よくありがちなのは、成人前後の女性で、自分の顔のことをひどく気にして精神不安定になるケースです。学校も卒業して、友人もそこそこいる。けれども、顔の美醜に対するこだわりがあり「こんな顔では生きていけない、死にたい」と言って、苦しみのあまり(苦しみから逃れる手段として)リストカットに”挑む”ことがあり、高校生では約10%が、なんらかの自傷行為をしているという統計もあります。

常に鏡を気にしたり、スマホの自撮り画面で顔写真を撮影したり、長時間化粧をしていたりして、勉強や仕事、友人との付き合いにも集中できなくなり、とりわけ男女間の付き合いには無用な軋轢を生じさせてしまうこともあるようです。まあ、そりゃ年頃だから、お友達と比べて悔しく思うこともありますよね。

ところが、そんな方と会って話してみると・・・決して器量がないわけではないし、本人に聞いても、「他人から、かわいいですねと言われたことは何回もある」そうです。それでも本人は「どうしても美容整形をしたい。奇麗になりたい」と望み、時にはお金がないことに絶望して大泣きしてしまうとか。(お金がないことについての嘆きやアピールの場合もあります)

「私、自分のことも、自分の顔も大嫌いです。目もかわいくないし、ずれてるし、鼻もつぶれてるし・・・」

あ、いや、客観的に見ても、そうではないと思いますが・・・。しかし本人としては「この苦しみは、どうせ誰にもわかってもらえない」とやさぐれてしまいます。ここで大事なのは「本人がそう思っている」ということです。

なので、手術も結構なんですが、むしろ本人の気持ちの変革が大切になってきます。

残念なことに、意を決して美容整形術を受けても、またあれこれと気になって、どんどん”過剰”な欲求や要求が増えます。結論からお話すると、この枯渇した状態が、本人を追い詰めていると言えます。

むしろ「美人だなあ」と思う人が、自分の容姿について過剰に心配し、実態とは異なることを”思い込む”という状態ですので、お医者さんにかかったりすると「妄想性障害」と診断されてしまうのですが、これまたクスリで良くなるものでもありませんし、クスリにはまると別の厄介な問題が起きます。

どうしても「醜い」と思い煩ってしまう本人との対話が必要です。難しいのは、「かわいいね!」と言う言葉が、こちらの思いとは違っているので、本人にとって「受け入れがたい言葉」であること。そして、そのつらさが他の身体症状につながり兼ねないということ。お世辞が気持ち悪く感じることと似ているかもしれません。

それが事実だという強く悲しい思い込み、誰も理解してくれないという孤立感、そうした一次感状が怒りとなって、「こんな子に産んだ親が悪いんだ」と悪態をつくこともあります。(怒りや悪態には、必ずと言って良い程、その前段となる出来事があります)

さらに”深刻”になると、「すれ違う人が目を背ける」とか、「振り返った人に笑われた」とか、「自分は人を不快にしているのではないか」という思い込みに進行してしまいます。ただ、これを「妄想」と言う言葉で片付けようとすると、本人にとって回復が困難になります。「妄想ですよ」と言われても受け入れがたい苦痛が根底にあるのです。

中傷されているわけでもないのに「中傷された」と思い込むのは完全に妄想なのですが、本人が「そう思っている」「そういう気分になっている」ことは間違いないようです。中傷される”声”が聞こえるとなると、それは幻聴です。お医者さんにかかると「統合失調症ですね」と言われます。もっとも、それに近い状態ではあると思います。お医者さんが「なんちゃら障害ですね」と言って、さじを投げてしまうのでは、そこに出向いている意味もないような気がします。

しかし、見方を変えてみるとどうでしょうか。それが”過剰な”思い込みであったとしても、”過剰な”向上心と捉え直すこともできます。

「十分、かわいいし綺麗ですよ」という言葉は、本人の気持ちを否定してしまうかも知れません。おそらく、女心の難しいところとは、そういうことなのでしょう。

じゃあ、どうすれば良いのか。

「かわいいです」「きれいです」と言うのは、男性が照れ隠しで言ったりすることもあるので、隠さないで「好きですよ!」と表現すればいいかもしれません。「かわいい」「きれい」は人によって異なる感覚だけれども、「好きですよ」というのは、例え不細工な状態でも、それが好きですよ!ということです。

ちなみに、誤解がないように言っておくと、不細工という言葉は、カタカナ語になって「ブサイク」と、やや威圧的に聞こえますが、「細工をしていない」ということですから、単純に「化粧をしていない」ということです。化粧をしなくても、誰からも嫌われなかった、好意を寄せてもらった、という安心体験が繰り返されることで、”妄想状態”はだいぶ緩和されると思います。

本当に”誹謗中傷”が聞こえるのかどうか。それが”聞こえる”ことによって、誰かをコントロールしようとしていないか。お医者さんに判断できるのは、せいぜいそんなことくらいなのかもしれません。

心配事は9割起きない。

安心できる体験と、成功体験を繰り返して行けば、気持ちの落ち着きをきっと取り戻すことができます。

そして、好意を寄せてくれる人に素直にありがとうと言えたら、とても素敵なことです。その人はきっと、あなたの知らない「良いところ」をたくさん知っている人です。不細工でもいいじゃありませんか。素のあなたが好かれているのです。

住職から冴えわたる回答

家族と上手くいかない理由は、相手にではなく自分の方にあると、取り敢えず考えるところから打開できるかも知れません。取り敢えず、考えるだけならできそう。

参考記事
http://ruisenhoukai.com/4137
はじめはそれでいいんじゃないかと ( ´∀`)

たまさん家族相談 050−3561−3310 (留守番電話)

「言えば、なんとかなる」は、なんとかなるか!?

身体のつくりが違うように、脳のつくりも異なる男女の脳。夫婦間のちょっとした誤解や思い違いなどが生じるのは、脳の仕業だったというわけです。

いちばん身近な配偶者にこそ、誰よりも自分のことを理解してほしい、と望んでしまう気持ちはよくわかりますが、ここまで男女の脳が違っては、お互いを完全に理解しあうのは不可能なのかもしれません。

男女では性差が認められている脳を持っているので、男と女はお互いに違うと理解する努力が必要。

「言えば、なんとかなる」は、なんとかなるか!?

参考記事
http://notesmarche.jp/2017/06/23975/

いつか父に再会する日が来る

【朝日新聞 6月2日(金)14面、Voice声100年】
『いつか父に再会する日が来る』


高校生 ○○ ○○ (神奈川県 18歳)
今年も父の日がやってくる。両親は私が幼いころに離婚。以来、父とは会っていない。顔も声も、自分の記憶にはない。
母や親戚からどんな人だったのかを聞いた。私のことを目に入れても痛くないくらい、可愛がってくれていたという。短い時間の中で、たくさんの愛をもらっていたんだな、と感じた。
私には20歳までに父を探し、会いに行くという夢がある。今までのことをたくさん話し、ありがとうを伝えたい。
しかし、今いる場所や連絡先は何も知らない。親戚の人がこう言った。「どんなに離れていても、親子の強い縁で結ばれているの。だから、いつかきっと会えるわよ」。その言葉を信じ、諦めず父を探しに行こう。
お父さん、元気でいますか。いつか会える日を楽しみにしています。


たまさん家族相談 050−3561−3310 (留守番電話)