子どものこと好きですか?

我が子に会いたい。我が子に会えない。
この日本には、そんな深刻な事態があります。
日本は単独親権国家なので、離婚をすると親のどちらかが親権を奪われます。言い方一つですが、どちらかに「親権が与えられる」という解釈もできます。

いずれにしても、単独親権と言う考え方に根付いている国は日本以外にないと言ってもいいでしょう。それが子のためにならないことを世界中が認識しているにも関わらず、未だ鎖国政策の中にある島国ニッポンは、いつまでも明治時代の民法や家族法を引きずっているのです。

子どもに会えない苦しみを話しに来てくれたのに、話のほとんどが社会への批判と相手方弁護士への批判で終わってしまう方がたまにいます。

話の流れを変えて聞き出そうと思っても、「我が子」の話を全くと言って良い程してくれません。社会への恨み、配偶者への恨み、裁判所への恨みでいっぱいになっているのです。

「我が子のことをかわいい、一緒にいたいと思うことはないの?」
「・・・」
「どう?」
「そんなの分からない。会えていないんだから。会えないのは、相手弁が悪いんです。日本という国はおかしいですよ!」

「そうねぇ。おかしいよねー。おかしいと思うけれど、子どもに会いたい!って気持ちが伝わってこないんだけど・・・」
「会いたいですよ。でも、この社会をなんとかしないと!」

ごもっともなことなのですが、社会を批判しても子どもに会えないという現実があります。本当に子どものことが好きですか? もし好きでないという気持ちがあるとしたら、それに向き合ってみると、別のものが見えてくるのかもしれません。

メンツであったり、怨みであったり、悔しさであったり、憎しみであったり。それらを感じることは、別に悪いことではないではありませんか。

体験談募集 ポリアモリーについて

ポリアモリーを実践している方、ぜひお話をお聞かせください。


家族のあり方が多用する流れは止められそうにありません。
ポリアモリー? なんじゃそりゃ。そう思った方はWikipedlia を探すことになるでしょうから、先にリンクを張っておきます。

ポリアモリー

モデルプレス 複数人と同時交際「ポリアモリー」な女性たちが急増中 浮気や不倫と違う新たな愛の形とは 

愛する人は一人でなければならないのでしょうか。
愛する人に序列を付けなければならないのでしょうか。

浮気でもない、不倫でもない。
新しい愛の形を育んでいる方のお話をお聞かせください。

日焼けは身体に悪いのか?

日焼けが良くない? いつからそうなったんだろう。

地球温暖化説が唱えられ、オゾン層の現象で紫外線が増加?

皮膚がんになるのは白人だけ? または人工的な紫外線(日焼けマシーン)だけ?

なぜ農村や漁村の人たちは皮膚がんにならない?

牛乳では解決しない骨粗鬆症。

骨の形成に日光の恵みは必要。

余談。粘膜に紫外線が当てると健康が保てるという。